知っておきたい医師のアルバイト情報

TOP 医師募集 医師アルバイト 医師求人 医師求人について 女性医師求人募集 産業医の求人に必要な資格?

もくじ

  1. 産業医の求人に必要な資格?
  2. 有名企業の産業医の医師求人に応募する
  3. 美容外科の医師求人、注意してチェックすべきポイントとは
  4. 茨城県の病院数はどのくらい?医師求人数が多い科目は?
  5. 医師求人における産業医の資格とは
  6. 医師求人の媒体について
  7. 北海道の地方都市では医師募集は多くある
  8. 転職の際には条件を考えて医師求人を選び出す
  9. 消化器内科の医師求人で有利になる経験とは
  10. 特定の曜日のみの勤務が可能になる産業医への医師の転職

産業医の求人に必要な資格?

産業医になるには産業医として認めてもらう必要があります。産業医として認定してもらって初めて産業医の求人に応募できるのです。では産業医とそうでない医師となにが違うのでしょうか?

産業医は「産業医とは、事業場において労働者が健康で快適な作業環境のもとで仕事が行えるよう、専門的立場から指導・助言を行う医師を云います。」と規定しているようです。(東京都医師会HP)

そのために厚生労働省令で定める一定の要件を満たさないといけないそうです。それが、 厚生労動大臣が定める産業医研修の修了者であったり、労働衛生コンサルタント試験(試験区分保健衛生)に合格した者ということなのでしょう。

そのような研修を受けたのちに産業医の求人に応募するわけですが、産業医は人気の職種でなかなか希望の産業医の求人に採用されません。

そのため、多くの医師は転職エージェントを利用したりします。特に産業医の転職が得意なエージェントというのもいるようです。JMCなどがそうみたいです。

どうしても産業医になりたい場合には相談してみてもいいかもしれません。エージェントにも合う合わないがあるかもしれませんので、自分にあたったエージェント、担当を探すこともいいでしょう。

有名企業の産業医の医師求人に応募する

産業医は50名以上の従業員を有する場合は産業医を定める必要があります。また、1000人以上の従業員がいると専属の産業医を定める必要があります。

昔ながらの大手企業は数千人、数万人という従業員がいるため当然産業医がいます。最近のネット企業の場合は1000人以下のところも大手企業にはあるのでその場合には専属の産業医を置いていないかもしれません。

やはり勤務時間、勤務の日、給与によって人気、不人気はあるでしょう。それ以外にも駅に近いなどいろいろな条件があると思います。

特に昔ながらの有名な会社などは人気があるようです。給与がちょっと低めでも産業医をしたいという人がいるようです。給与だけでなく、社会的な信用、地位を考えるのでしょう。

地方にも1000人以上の従業員を雇っている会社、工場も産業医を専属で置く必要があります。社員の数から考えてもそれなりに忙しいとは思います。

心療内科的なものを判断したり、アドバイスをするのは結構大変だと思います。

もし、仕事のストレスが原因の場合さすがに仕事から離れたとかというようなことも言えませんので、産業医特有の気の使い方をしなくてはいけない場合もあるように思います。

医師求人に関わるそのほかの記事

美容外科の医師求人、注意してチェックすべきポイントとは

美容外科で医師求人で注意する点は、人で不足だからと言って経験が浅い人材を採用することです。美容外科は、整形な手術後の経過や状態が目に見えて分かります。そのため、経験がものを言うような職種と言えます。

また、医師求人において面接時の身なりも重要なチェックポイントです。美容の世界では、施術していただく人が清潔できれいな人程丁寧な仕事をしてくれると捉えます。

顔と技術は比例する物ではありませんが、一般論的にそう見えてしまうのが現状です。医師求人するときは、その人の身なりや経験などをすべて把握してから採用して欲しいです。

メニュー

ホーム 医師求人について 医師求人 女性医師求人募集 医師募集 医師転職 医師転職コンサルタント 医師バイト 豊胸 豊胸大阪 医師アルバイト

医療にたずさわる医師求人や医師バイト募集、医師転職に関する情報をご紹介しています。美容整形の豊胸についてのコンテンツも随時更新しております。当サイト「知っておきたい医師のアルバイト情報」についてのお問い合わせページはこちら。

茨城県の病院数はどのくらい?医師求人数が多い科目は?

茨城県の病院数はおよそ183ヵ所と全国の都道府県と比較して31番目に多い地域となっています。さらにそのなかで療養病院はおよそ83施設となっています。いずれも人口10万人当たりで見てみると全国平均よりも低くなっています。

そんな茨城県でも多くの医師求人を見つけることができ様々な働き方ができるようになっています。とくに一般内科、総合内科のご経験のある医師求人が多く、なかにはリハビリテーション科や消化器内科が他の科よりも求人数が目立っています。そのためこれまでの経験を十分に生かせる環境が豊富に用意されているともいえるのです。

医師求人における産業医の資格とは

医療求人において、産業医の分野が数多く見られるようになりました。多くの注目を集める分野ともなりますので、医師求人の人気も高いことも合わせてあげることができます。

しかしながら、医師求人に応募して産業医として務めるにあたり実は、特有の資格を取得しなければなりません。一週間ほどの時間があれば、集中して資格取得をすることが可能となりますが、すでに医療機関で働いている医師の場合、その時間を割り出すのはむずかしいかもしれません。

若い医学生の場合は、産業医の医師求人へ応募するときがくるかもしれないという将来の可能性として、医師免許を取得した後に産業医の資格取得をされてもいいかもしれません。

医師求人の媒体について

最近では医師求人も多様化していて、日頃からチェックしておく必要があると言えます。雑誌や新聞、広告やインターネットのサイトなど、数多くの媒体で求人を探すことができます。

このような媒体においては、それぞれのメリットデメリットが存在しますので、それぞれの強みを理解し医療求人を確認することです。すでに常勤の医師を務めている場合においては非常に忙しいことが挙げられますので、このような媒体の人たちの情報を確認することが大切になります。医療業界のニーズを的確に理解し、自身のキャリアに加えられるようにすることが大切です。

北海道の地方都市では医師募集は多くある

北海道の地方都市って本当に人住んでいるんですか?と東京や大阪や名古屋の方には言われそうなくらいの人口密度の都市もあります。

そのような都市では面積当たりの医師の数が非常に少ない場所も少なくありません。このようなところでは病院に行くのにもすごく遠いのです。

そんな地方のへき地では一つの病院がなくなる、診療科目が減るというのは非常に大きな話なのです。だからこそ、市なども医師の求人募集に力を入れているのです。

そのようなものを通じて地方に貢献しようという医師が少なくないということも知っていますが、より多くの医師の地方の医療充実、非常事態の医療崩壊を防ぐために勤務をお願いしたいと思います。

診療科目はいろいろですし、研修医をメインで募集しているところも多くあります。

医学部においても地方枠などで地元の学生を医師にしようという試みもされています。他の外国諸国のように医療費を削減することで医療崩壊するようなことのないことを願うばかりです。

転職の際には条件を考えて医師求人を選び出す

別の医療機関に転職を考えている人は、どの様な条件の医師求人を選ぶか悩む事もあるでしょう。

一つの条件であれば求人を選ぶ時にそれほど悩む事はなくても、希望する事がいくつかあるという時には、どうしようか悩む事が多いのではないでしょうか。

どんな条件を転職の際に優先したいかというのを考えてみるといいでしょう。いろいろある条件の中でなるべく一つに絞りだしてみましょう。

最初に条件を書き出したりせずに、いきなり医師求人を探すと、求人の数が多すぎて、どうすべきなのか分からなくなってしまう事もあるでしょう。

落ち着いて整理してみると、分かりやすいのではないでしょうか。順番に一つずつの作業を行っていきましょう。

消化器内科の医師求人で有利になる経験とは

医師として活躍されている方は大勢いるともいます。中でも、消化器内科の医師として活躍されている方は多いのではないでしょうか。

消化器内科の医師求人は多くの病院で出されていますが、どのような経験があると有利に医師転職や就職をすることができるのでしょうか。

一番大切なことは、「急変時の対応ができる」ということです。大きな病院に勤めたいと思っているのであれば、入院中の患者さんが急変をしたときに、自分で対応できなければなりません。そのため、ある程度の急変時の知識が必要となると考えられます。消化器の内科医として医師求人を探している方は、急変時の対応ができるようにしておきましょう。

特定の曜日のみの勤務が可能になる産業医への医師の転職

常勤の仕事となる、産業医への医師の転職を行うと、毎日勤務が発生する事になります。しかし、産業医への医師の転職を行うと言っても、職場によっては特定の曜日のみ勤務が発生する事もあります。

産業医への医師の転職を行う際に、特定の曜日のみの勤務が可能になる職場を選択すると、他に仕事を掛け持ちしたり、子供の世話をする事もできるため、自分の時間を持つ事ができます。

産業医への医師の転職を行いたいと考える人は多いですが、人により求めているものは異なります。

そのため、産業医への医師の転職を行うのであれば、自分自身はどの様な職場環境の元で仕事がしたいのかという事をよく検討する事が大事です。